ルテインとは?

緑黄色にたっぷりと含まれている事でも知られている成分「ルテイン」。
ルテインはカボチャやレタス、キャベツ、ブロッコリーなどに多く含まれていますが、その中でもほうれん草に含まれているルテインは、目にとってもかなりプラスの効果があるといわれています。
また、野菜ではありませんが、マリーゴールドやクロレラなどにはほうれん草よりも多いルテインが含まれているといわれています。
ルテインの効果の中でも代表的なのが、高い抗酸化作用と、光を遮断してくれる作用です。
青い光は紫外線よりも強い光なので、ルテインの働きで効果的に遮断していかないと、あっという間に眼精疲労やドライアイの症状が出てしまうようです。
ルテインは疲れ目を癒してくれる働きがあるだけでなく、眼機能の働きを健康で正常な働きに近づけてくれたり、抵抗力や免疫力を高めてくれる効果もあります。
ルテインをたっぷり含んでいるサプリメントもたくさんあります。
例えば、ルテインをほうれん草よりも多い含んでいるマリーゴールドの花から抽出されたルテインによって作られているDHCのサプリなら、価格はリーズナブルな889円。
その他にも、小林製薬のルテインは松樹皮エキスから抽出したルテイン、ファンケルとリフレのルテインはブルーベリーから抽出したルテインがたっぷり含まれています。