光回線の料金の内訳は?

インターネットの使用料は、キャリアに支払う回線使用料とプロバイダーに支払う接続料があります。
このようにキャリアとプロバイダーの契約が別々なのは日本だけのようで、海外ではこれらはセット契約になっていることが多いらしいです。
日本の携帯電話やスマホの契約形態と同じと考えて良いと思います。
このように、契約形態が複雑な日本のインターネット事情では、それぞれの料金の内訳を把握するのも一苦労です。
キャリアとプロバイダーを同時に契約していればマシなのですが、途中でADSLから光回線に乗り換えるなどをしていたら大変です。
特に厄介なのは「2年割引」などの「縛り」です。
ご存じのように、途中解約すると違約金が発生しますから、契約更新月しか解約のチャンスはありません。
プロバイダーやキャリアを換えようと思ったら、割引など受けていないか料金の内訳を調べないと大損するかもしれませんよ。
光回線比較安いのは?【一番安いおすすめプロバイダ2017】